私の日々のスキンケアについての紹介です。洗顔はモコモコにしたあわで擦らずに優しく洗うことをオススメします!

モコモコ泡でお肌すっきりスキンケア
モコモコ泡でお肌すっきりスキンケア

モコモコあわでお肌すっきりスキンケア

モコモコ泡でお肌すっきりスキンケア
多くの女性は毎日、化粧を必要とします。
近頃の化粧品は「汗や水でも崩れない」をうたい文句にしておりそれは化粧直しの手間が省ける良い点もありますが、同時に洗顔料だけでは落ちにくい欠点もあります。
私は学生の頃、あまり肌のトラブルの経験がなく、適当に洗顔していてもトラブルないから大丈夫!と思っておりましたが、社会人になって数年経った今それはただ単に若かったからなんだ、と思います。
社会人生活2年目くらいでしょうか、仕事が多かったこともあり急に肌が荒れてきたのです。
肌のくすみやから始まり、多くのニキビを繰り返し皮膚科へ通うほどになりました。
そこで先生は「きちんと洗顔して、食生活を正しくね」と仰ったのです。
私のスキンケア改革の始まりでした。
それまで私は家に帰ってから疲れていたせいもあり、ついつい洗顔などを適当に終わらせてしまいがちでした。
それこそクレンジングをつけて馴染ませることもなく擦って化粧を落としお湯で流し、その後、洗顔料を手の平に万遍なくつけあわ立てることも無く、そのまま顔にあてゴシゴシと擦っていたのです。
しかもすっきりするからと、結構熱めのお湯で洗い流していたのですから炎症したニキビに刺激を与え、余計に治りを遅くさせていたことは明らかでした。

そこで私が始めたのが今も変わらず続けている洗顔方法です。
まずはあまりきつくないクレンジング剤を顔につけ擦るのではなく、撫でるように円を描く感じで馴染ませながらゆっくりと化粧を落とします。
その後、ティッシュやぬるま湯でクレンジング剤を落とし、いよいよ洗顔料の登場です。
そこで私が始めたのが今も変わらず続けている洗顔方法です。
まずはあまりきつくないクレンジング剤を顔につけ擦るのではなく、撫でるように円を描く感じで馴染ませながらゆっくりと化粧を落とします。
その後、ティッシュやぬるま湯でクレンジング剤を落とし、いよいよ洗顔料の登場です。
洗顔料を左手のひらに乗せ、少しのぬるま湯で溶きます。
右手で空気を含ませるように(とき卵を箸で溶くような感じで)混ぜていくとみるみるとあわが出来てきます。
この時、あわの密度が薄いと洗顔料に対し足した水分量が多いので次回から少し減らすことをオススメします。
私も最初はあまりあわ立てることが出来ませんでしたが今では手のひらを逆さにしても落ちないくらい濃密なあわが出来るようになりました。
このあわで、擦らず、撫でるように、毛穴の汚れをとるイメージでぽんぽんと手を動かすと良いと思います。
そして再びぬるま湯で洗い流すと…今まで洗ったあとに突っ張っていた感じも無く肌も快調です!でも勿論、肌が快調なのは食生活や運動もありますが、スキンケアの一番の基礎は洗顔だと思います。
あくまでも私に合った洗顔方法ですが、効果があったので、今お肌のトラブルを抱えている方は一度試してみるのも良いかもしれません!!

RECOMMEND